あなたの起源は?ミトコンドリア遺伝子からわかる!

にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへ にほんブログ村 健康ブログ 糖質制限食へ にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ

遺伝子からあなたの起源がわかる。

細胞のミトコンドリアの遺伝子からあなたの起源がわかるのだ。

 

 

ミトコンドリアとは?



ミトコンドリアは細胞内でエネルギーを作っている。

ミトコンドリアには遺伝子がある。

細胞内は核以外にも遺伝子が存在するのだ。

ミトコンドリアの遺伝子型であなたがどんな起源かがわかる。



日本人はどこから来たのか?



いまとても面白い本を読んでいる。世界史から見た日本史。それも教科書では教えてくれない日本史。これが相当面白い。



最初の章では、人類の起源や日本人の起源について、遺伝子解析の結果を含めて科学的に教えてくれる。

歴史的な物的事実だけでなく、同位元素による時代推定やDNA解析による集団の広がりについて、かなりの知見が集積しているのがよくわかる。

歴史の先生が分子生物学的な人類学を教えてくれるなんて!

現生人類はやはりアフリカが起源だった。

16万年前の「ミトコンドリア・イブ」が現生人類の最初の女性。

7万年前にアフリカを出て、グループNがインド以西のユーラシアへ分布。

グループMは東アジアへと拡散。

グループMが枝分かれしたのがグループD。

グループDは中国南部から派生し、日本を含む北東アジアの約4割を占める。

一方でグループNの枝分かれにグループBがある。

フィリピンや台湾ではグループBの割合が多い。

このことから、日本人は東南アジアから島伝いにやってきたのではなく、氷河時代に地続きだったシベリアからやってきたと言える。

haplotype-mitochondrial-gene



どうやったらミトコンドリア遺伝子を検査できるか?



あなたが、もしミトコンドリア遺伝子に興味が出たなら、どうやったら検査できるだろうか?

実は、前から紹介している遺伝子検査キット GeneLife Genesis 2.0で検査できる。


 



いままではセリアック病遺伝子多型など、病気に関する遺伝子多型の話をしてきたが、幅広い体質についても検査出来て、その一つがミトコンドリア遺伝子だ。

ぼくの遺伝子型はB4だった。ミトコンドリアの遺伝子型はハプログループと呼ばれる。

グループBは東南アジアで4万年前に誕生したグループで、日本人の約15%が属している。台湾、フィリピン、ハワイ、南太平洋の島々、南米のアンデスから日本に移動してきた。

グループBは、グループDが多い日本に移住してきた最初の移住民。

ちなみに、アメリカ先住民は最初に発見されたグループB。ポリネシア人は9割がグループB。グループBは環太平洋グループといったところか。

時代はだいぶ下った話だが、農耕とは縁が薄そうな地域がグループB。グレインフリー(穀物なし)はやっぱりぼくにあっている食生活ではなかろうかと、思うのである。

haplotype-mitochondrial-gene-mine-B4





「われわれは何者なのか?」の問いにどう答えるか?



さきほど紹介した書籍のはじめに以下のようにあった。

「自分は何者なのか?」ということは、鏡に映ったいまの自分を見つめるだけではわかりません。過去の自分と比較し、さらには他者とのかかわり、他者との比較の中で、初めて自画像は相対化されるのです。
同様に、「われわれは何者か?」という根本的な問いに答えるためには、日本史を世界史(人類史)の一部として位置づけ、祖先が世界とどうかかわってきたのか、ということを理解する必要があるでしょう。

これはまさに苫米地博士の著書に出てきた話題と通底していてピンときた!

「自分」を定義しようとしても、使える情報はすべて「他者」の情報。ということは、「自分」とは、「他者の情報」でできているということ。「自分」とは、「他者との関係にまつわる情報」が寄り集まったものなのです。

引用元はこちら。この本も最近読んで面白かった本。



まとめ



ミトコンドリア遺伝子を検査すると、あなたの起源がわかる。

北東アジアなのか、東南アジアなのかはたまたぜんぜん違う地域なのか。

ミトコンドリア遺伝子を検査する方法として GeneLife Genesis 2.0 がある。

余談になるが、世界史との関連で見た日本史は実に面白い。

 

遺伝子解析ならこちら。